仮想通貨

ビットコイン(Bitcoin/BTC)をどう使う?

Bitcoin(ビットコイン)というと仮想通貨で「億り人」が出たくらい爆上がりしたやつでしょ?くらいの認識の人も多いかと思いますが、そのビットコインはいろいろなものに使えることは知っていますか?

今回はその「ビットコインはどういう使い方があるのか?」をテーマで考えて見ました。

ビットコインとは?

そもそも「ビットコイン(Bitcoin/BTC)」とはどういうものか知っていますか?

仮想通貨・暗号通貨と言われるものの、代表格と言われるのが「ビットコイン」なのですが、それは世界で初めて出来た「仮想通貨」が「ビットコイン」だからです。

「ビットコイン」と「アルトコイン」と言われるものがありますがその違いはビットコインかそれ以外の仮想通貨か、という風に分類されているほど仮想通貨の中の「ビットコイン」は別格となっています。

初めて生まれた仮想通貨「ビットコイン」は2008年の10月にネット上に「Satoshi Nakamoto(サトシ ナカモト)」と名乗る人が投稿した論文から始まりました。

現在のお金のように国家や中央銀行を介することなく使えるお金を目指して作られたものでした。世界中で同じ通貨「BTC」を使うことで両替の必要もなく使えるというものとして考えられていました。

ビットコインの使い方はどんなものがあるのか?

仮想通貨を使った詐欺があったりハッキングなどにより資産が消滅してしまったという事件などがあったことで日本では「仮想通貨=怪しい・危ない」などのイメージがついてしまったということもありますが、それでも世界的に見ても「ビットコイン」はどんどん進歩を遂げていて、日々改善されています。

使い方も徐々に増えていっているので使い方について紹介していきたいと思います。

投資目的でビットコインを購入する

仮想通貨は今では「投資目的」として利用している人が多くいます。日本でも「億り人」なんて言葉が出来るほど今のような知名度になる前に少額でも「ビットコイン」を持っていればそのお金が何千倍にもなったからです。

お金の価値も日々変動はしています。昔はアメリカドルも300円以上の時もあったのですが、数年前までは80円台まで下がってしまうということがありました。

ですが、アメリカ政府がドルの価値を保証しているために現在では100円台まで戻ってきています。

ですが仮想通貨はどこにも保証されてもいないものになるので、一日で価格が倍になるということもあります。

そのために現在の仮想通貨と言えば「投資目的」で売買されていることが多くなっています。

個人間での送受金をビットコインでする

個人間での送金などもビットコインでは即座におこなうことが可能となっています。相手が日本にいても海外にいてもそんなことは関係なく送ることが出来て、手数料も格安でなので世界中で個人間でのやりとりが簡単に出来るようになりました。

支払い関係としてビットコインを使う

2017年から「ビックカメラ全店舗」でビットコイン決済が導入されました。それによってビットコインを持っていればその場でビックカメラの支払いを済ませることが出来るということになります。

ビックカメラの他にも「コジマ」や「メガネスーパー」「DMM」などでもビットコインを使って決済することが可能となっています。

他にもオンラインカジノなどの入出金手段としてビットコインなどを使う人も増えています。

公共料金での支払いにビットコインを使う

ビットコインを使って電気代を支払うことが出来るようになっています。

しかも電気代をビットコインで支払うと4%~6%ほど割引されるというものもあるのでお得に支払いを済ませることも可能となっています。

寄付としてビットコインを使う

意外と一番知られていないものとして「寄付」があります。

「世界のこどもにワクチンをうつための支援」や「熊本地震被災者への支援金」としてクラウドファンディングのような形のものがありそれらにビットコインを使って送金することで、寄付をすることが出来るサービスまであります。