オンラインカジノは危険?

オンラインカジノは違法?合法?

オンラインカジノを始める際に違法ではないのか?逮捕されるの?と不安になるタイトルの記事を見かけると思いますが、実際はどうなのか…?
といっても現在は沢山のオンラインカジノがあり、解説サイトも非常に多くありますので答えは言わずともわかるとは思いますが、その中身を開設していきますのぜひ見てください!

オンラインカジノは違法なの?

例えば現在、日本の違法カジノに行きそこでプレイすると違法となります。
日本は公営ギャンブル以外のギャンブル、賭博開帳は違法となります。
この法律は胴元が日本にいて、プレイヤーも日本にいる場合適応されます。

海外で運営しているオンラインカジノをプレイするのはどうでしょうか?

答えはグレーです。

グレーの理由はライセンスを取得し海外で運営されているオンラインカジノ自体は全く違法ではなく、そこで日本人がプレイしているだけだからです。
日本人が海外のカジノにいきプレイすることも違法になりませんよね、まずはそれをイメージしてください。

ですが、オンラインカジノ胴元が海外ですが、プレイヤーは日本ですよね。
そのためグレーとなりますが、インターネット上で海外のオンラインカジノをプレイすることは少々解釈が難しい問題となっています。

オンラインカジノで逮捕者?

2016年にオンラインカジノのプレイヤーが摘発されるといったことがありました。
このとき3名の内2名は、公判で争うことなく略式起訴により罰金刑を受けいれています。

しかし、別のプレイヤーが同じように摘発されたのですが、このプレイヤーが裁判により不起訴を獲得したんです!
この判例の存在はとても大きく、今後同じ状況で起訴された場合不起訴になる可能性が極めて高いといえます。

つまり、警察が考える違法性と法律で決まる違法性には差異があった、ということです。

賭博罪とは胴元とプレイヤーが日本にいて初めて成り立つ罪であるからです。
胴元が捕まえられないのに、プレイヤーだけ捕まる、という状況が賭博罪のくくりに入らなかったと考えられますね。

インカジも同じ意味?

インカジ(インターネットカジノ)という言葉もありオンラインカジノと同じ意味と思われがちですが別物で、インカジとはPCが置いてある一室(店舗)に客が足を運びここでPCを使ってカジノゲームをするものです。

この場合は違法となってしまうため利用してはいけません。

なにが違うの?というのは、先ほど説明した通り「胴元が日本にいるか?」という部分になります。
結局インカジもやっていることはオンラインカジノのシステムを使用したものになります。
プレイヤーは店でオンラインカジノをやっているのと変わらないといえますよね。
「それなら大丈夫じゃないの?」と思いますが、ここには大きな違いがあります。

インカジの場合、その場で日本円が動きます。
オンラインでカジノをプレイしているのは変わりませんが、勝利すれば店がプレイヤーにお金を渡します。

つまり、インカジは結局胴元がそのお店になるのです。
ちょっとわかり辛くなってしまったかもしれません、簡単にたとえてみましょう。

海外の野球の試合を大画面で写し、そこで集客したお客さんにどちらが勝つかその場で賭けさせ、当たったら配当をその場で渡す。

これは明らかに賭博開帳になりますよね、その試合がどの国で行われていたとしても関係ないと感じられると思います。

この考えで行けば、明らかにインターネットカジノ、インカジは違法です。

オンラインカジノをプレイしたら見つかる?

ここまで説明して、グレーはわかったけどなんだか怖い。

そんな声もあると思います。

「グレーだとしても見つかったら言及される可能性はある気がする・・・見つからずにプレイできるのかな?」

そんな不安もよくわかります。

まず、これは個人の見解になりますが、オンラインカジノを自宅でプレイしていたとしてもそれが見つかるということはほぼありえないと思います。

プレイをSNSやブログなどで公開し、個人情報がそこでわかるようになっていれば当然見つかる可能性は高いと思いますが、家でどこに公開するわけでもなくプレイすることで外にそれが漏れるということは考えにくいです。

オンラインカジノは長い歴史があり、私もかなりオンカジ歴が長いです。
これからもオンラインカジノの違法性には注目しなければならないですが、きちんと規制されない限り、安全にプレイできるといえます!