未分類

話題のビットコイン!オンラインカジノでも使えて人気

2017年には仮想通貨元年といわれるほど賑わった仮想通貨。

なかでもビットコインはニュースなどでも頻繁にあげられ、仮想通貨をよく知らない方でも名前くらいは聞いたことがあるほどに広く知られることになりました。

21世紀最大の革命インターネットを超える革命といわれ賑わったビットコインについて解説していきます。

ビットコインってどんなもの?

ビットコインは円やドル,ユーロなどと同様の通貨で、個人間,企業間を問わず物やサービスの対価として支払うことができます。

ビットコインと円などは何が違うのか?

ビットコインは円などと同様の通貨ですが違う点も多く存在します。

  仮想通貨 円などの法定通貨
 
通貨の実態 実態なし(デジタルデータ) 実態あり(コインや紙幣など)
単位 BTCやETH,XRP など 円やドル,ユーロ など
通貨量 上限2100万BTC など決められている 国がコントロール
信用 ブロックチェーンによる信用 国による信用

 

実態がない?

ビットコインという名のコインが存在するわけではなく、インターネット上のデータでできています。

そのため財布などで持ち歩くことなくスマホやPCで管理します。

セキュリティ面

日本は現金文化が根強くキャッシュレス化が先進国の中でも遅いほうといわれていて、インターネット上のデータでスマホやPCから管理するとなるとまだセキュリティ面に不安を持つ人が多いのが現状です。

しかしセキュリティ面で不安があるものが話題になり広く利用されることはなく。

ビットコインには高度な技術のブロックチェーンという技術が使用されていて、このブロックチェーンによりビットコインのセキュリティはとても高く通貨として確立されました。

 

ビットコインの使用用途

ビットコインはどんなことに使用されているでしょうか?

  • 商品・サービスの購入
  • 送金
  • 投資・ギャンブル

などで使用されています。

商品・サービスの購入

まだ日本国内の店舗では全てではありませんが対応しているお店も増えてきていて、ビックカメラなどの店舗が対応し話題になりました。

海外ではキャッシュレス化が進んでいるので、今後は日本の対応企業も増えるのではないでしょうか。

送金

ビットコインはブロックチェーンが使われていてセキュリティが高いと説明しましたが、そのセキュリティの高さ,匿名性の高さからとても重宝されています。

更にビットコインには国の概念がなくインターネット環境があれば時間,場所関係なくほぼリアルタイムで送金が行え、日本から海外の送金の場合にかかる数千円の手数料が数百円程度で済みます。

投資・ギャンブル

2017年に話題になったので知っている方も多いと思いますが、ビットコインの価値が急上し一時 1BTC = 200万円以上にもなりました。

この値上がりや値下がりで利益を出すのが投資で、

1BTC = 10万円の時点で1BTCを購入したとして、これを1BTC = 100万円の時に1BTCを売ると90万円の利益がでます。

実際は手数料や税金などで少し引かれますが、大まかな流れはこうなっています。

そして近年オンラインカジノなどのギャンブルでもビットコインは利用されるようになってきていて、優良オンラインカジノが次々に対応し始めました。